光を受けてキラキラ輝く小さな八角すい
これなんだと思いますか?
実はこれ、盛り塩です。中にお塩が入っています。
末広がりで縁起が良いとされ、盛り塩の形として最適とされる八角すいの盛り塩。
この小さな盛り塩を、手作りしませんか?

盛り塩は、玄関やお部屋に置く、小皿に盛った塩です。
塩には悪い運気を払って、良い運気を保ってくれる効果があると信じられていて、
日本では、昔から、玄関や部屋の入り口などに置かれてきました。
特に悪い気が溜まりやすいと言われる水場に置かれることも多い盛り塩。
そのままのお塩を盛ると、湿気で形が崩れたり、溶けてしまったり・・・
でも、この講座で作る「彩〜いろどり〜MORISHIO〜」なら、そんな心配も入りません。

それに何より、かわいい!

初めての方でも安心して作れるように、工程が考えられています。
また、必要な材料がそろったキット付きで、硬化に必要なLEDライトをご準備いただけば、
すぐに作り始めることができます!
もちろん、作り方説明書もついていて、さらに、通信講座では動画でしっかり学べます。
一人では不安な方には、認定講師開催講座をお選びいただくと、認定講師が丁寧に指導いたします。

認定講師の方には、レジン液とモールドのセット、認定講座用のキットなどを、
JPA公式オンラインショップで販売しています!
オンラインショップは、↓のバナーをクリック!

一般講座をご受講いただいた方は、作ったものを販売することができるようになります。
認定講座をご受講いただき、講師認定を受けられた方は、販売できるのはもちろん、ワークショップの開催や、講師認定のできる講座の開催もできます。
趣味でお楽しみいただくだけでなく、クラフト作家や講師など、活動の場を広げていただくことができます。

*このほかにも、日本ペーパーアート協会®️では、さまざまな講師認定講座を開催しています。
詳細は、公式ホームページをご覧ください。

彩〜いろどり〜MORISHIO〜で作る盛り塩は、八角すい。
八角すいであることには意味があります!

八は、昔から末広がりで縁起の良い数字とされています。
さらに、数字で書いた8を横向きにすると、無限大♾にもなります。
風水でも、八角形が最も縁起の良い形とされています。八角形は、八方位全ての方向から幸運を引き寄せ、悪い気を跳ね返すパワーのある形なのです。
また、八方は、宇宙空間を表す言葉でもあります。八方=東・西・南・北・南西・北西・南東・北東 それぞれの方位が意味を持っており、8は、宇宙の成り立ちをも象徴する数字だとも言われています。そのため、八角形は、宇宙の森羅万象からエネルギーを引き寄せることのできる形とされています。

彩〜いろどり〜MORISHIOでは、そんな縁起の良い八角形を土台にして、同じように邪気を払い運気を引き寄せる力のある塩を使い、ハッピーなパワー倍増の盛り塩を作ります。